効率の良い勉強方法の秘訣について

資格勉強をするためにやってはいけないことの代表に「ノート取り」があります。
学校の授業などでは頻繁に行われているため意外だと感じるかもしれませんが、ノートを取ることによって暗記をすることは出来てもテストで点数を取ることは出来ません。
そのため、非効率な勉強方法だと言えます。
また、教本を読んでから勉強を始めることも効率が悪いです。
試験においては教本のすべてが出題されるわけではなく、あくまでその一部が、さらに頻出ポイントが必ず存在します。
そのため、その頻出ポイントを徹底的に潰していくことが重要になっているのです。

また、効率的な勉強方法としてはゆっくりジョギングをしながら問題の音声を流すというものです。
こちらは筋肉を動かしながら学習をする「シンクロマッスル学習」というメソッドでアメリカアトランタのジョージア工科大学の実験によるとたった20分の運動で記憶力が10%も向上したことが分かっています。
社会人になると運動不足にもなるため、このような学習方法を使えば一石二鳥となるのです。

金澤幸雄は資格勉強の際にスロージョギングしながら暗記を行うことを試しました。
すると、普段の暗記よりもよく記憶に入るだけでなく、適度な運動がストレス解消にもなるため気分転換になったのです。
これによってますます勉強に身が入り試験合格へ近づいたのです。