後遺障害の異議申し立てのご相談なら

現在後遺障害の認定を受けているにも関わらず、認定された等級や賠償金に納得がいかないという方はこちらのサイトがお勧めです。

日本では毎年約6万件もの後遺障害が認定されていますが、人間の手によって資料に沿って認定が判断されるため、中には本来認定されるべき等級が、きちんとされていないケースがあります。
医療記録の見落としや、評価の曖昧さから間違った判断がされたりするケースがあり、等級を受けている全員が納得していることがない状態です。
中には当初140万円の提示額及び、後遺障害非該当と認定された方がこちらの事務所を利用し、異議申し立てを行いました。
その結果12級6号の後遺障害の認定と802万円の示談金に増額することができたのです。

このケースのように現状に納得せず、諦めずに異議申し立てを行う事によって等級と6倍近くの賠償金を獲得できるのです。
不慮の事故によって大きく生活が変わります。
現在の怪我の状況とこれから完治するのか、生活はどうなるのか、さらに金銭面では治療費、休業損害、傷害慰謝料、入院費などの問題も生じてきます。
こちらの事務所でしたら、後遺障害の案件に多く携わってきた弁護士が多数おり、怪我に遭われ労働を喪失してしまった皆さんのサポートをしてくれます。

https://kouisyou-support.com/failure-support/